ギター初心者のすすめ 音楽情報

中古ギターはいいのか?【デメリットを知ろう】

中古ギターはいいのか?【判断ポイント】

sougankyou_nozoku_girl.png

 

今日は、中古ギターについて書いていきましょう。みなさんは、中古ギターをどんな理由でさがしているのでしょうか?

 

私が思いつく感じだと。。。

①できるだけ安いギターが欲しい

②お買い得なギターが欲しい

③生産終了したモデルが欲しい

④ヴィンテージギターが欲しい

 

上記のような理由ですかね。

 

結論:「リスクを受け入れる覚悟」と「納得感を味わえる楽器リテラシー(知見)」があれば中古ギターは最高です

 

 

中古ギターは本当に面白いから、是非深みにハマって欲しいw
ザキ

 

 

初心者は新品を買うのがオススメです。

「あんまりお金ないから、中古の安いギターでもいいかな」と初心者の方も気になってるかと思いますが。

 

初心者は何が良くて何が悪いのか判断基準もついてません。

 

せめて、「見た目がよい」「安い」くらいでしょうか。偏見だったらすみません。。w

 

注意:安いものは溢れている

photo-1534452203293-494d7ddbf7e0-300x200.jpeg

 

まず共有したいのは、安い理由だけで選ぶと新品でも安いものが随分とある。ということです。

 

現在は、ネットを開けば本当にいろんな価格帯のギターがあります。なので、単純に安いだけを判断基準としないで、中古としての魅力を理解していきましょう。

 

それでは行ってみましょう。

 

中古ギターのデメリット【チェックポイント】

先に共有したいのは、中古のデメリットです。既に人が使用していたので、消耗部位があります。

これは、張り替えればいいだけなんですが。単純に一番の消耗品ですが、そのつもりで。

 

フレット

これはフレットが削れて消耗しているパターンです。削れて凹んできています。部分的とかだったら、楽器屋さんでフレット 擦り合わせ(価格1万くらいから)をする場合もあり。

 

ネックの状態

さてさて、大事ネックの状態です。ネックが反ってるパターンです。これは、とても大事なところなので詳しい記事のリンクを貼っておきます。特に楽器専門店でなく店員が詳しくない+自分も詳しくない場合は、なかなか判断が難しいと思います。

 

ジャックなどの配線類の劣化

ノイズが入りやすくなっていたりして、配線類が消耗している可能性があります。演奏の時に配線類のトラブルは「音がならなくなった」など起こりうるので、チェック+メンテナンスができると良い。難しい場合は楽器屋さんにチェックしてもらうやパーツ交換というパターンもあるかと。

 

いろいろ書きました。めんどくせーとも思ったでしょう。

あとあと、メンテナンスをするリスクを受け入れなくはいけません。新品だったら消耗してる状態で売られはしないから、もし劣化してたら1年保証とかでショップに持ってけばいい話です。

 

また、中古販売店で専門店でないものは楽器の知識がない店員が販売しているケースも少なくないので、ある程度上記のようなポイントを自己責任で受け入れる必要があります。そして、専門店と違って店員に相談できないわけです。

 

 

中古品のリスクを受け入れられば、選択できる楽器が超広がります!!

しかし、本当にお得なギターや、いいギターに出会える確率が上がります。

是非、中古もチェックしてみることをお勧めします。

 

ネットで買うなら専門店のネット販売がおすすめ

zei_etax-1.png

とはいえ、よくわかんない場合は中古品を扱ってる専門店がおすすめです。

ネットを開いてわかるとおり、中古ギターって結構たくさんあります。専門店だと、状態が把握されてるし、安心ですよね。実際に店舗に尋ねてみるのも お勧めします。

 

可能なら、実際の中古品を手にとってみるのがおすすめ

とはいえ、中古の楽しさは金額だけではなく、実際に触って確かめて欲しいもの。

楽器屋の店員さんと話しながらノウハウをためていき、その楽器の特製、年代の材質など様々なことを覚えていけば、自分自身の目利き力もついていくと思います。

とにかく、実際に試奏して音を確かめるのがすごく経験値としてもよいです。

楽器ですから、触った感じや出した音質など、いろんなことをチェックしないともったいないと思います。

 

奥深い中古へのモチベーション

さて、これからは安いギターのカテゴリとはちょと違って。

中古ならではの楽しみを共有したいと思います。

 

お買い得なギター

質はよくても、中古では人気がないものってのがあります。この辺がお買い得となりやすい。

お得なギターはブランド価値とかも影響しますので、需要と供給のバランスを調べれば自ずとお買い得な中古ギターが見つかるはずです。

材質がいいことだけが、ギターの値段を決めているわけではないことを肝に銘じておきましょう。

 

生産終了したモデルも選択肢になる

生産終了したモデルなんかは、中古でしか買えません。この辺はタイミングがあるので、もし欲しいモデルがあったら店員さんと仲良くなって「この生産終了したモデルが欲しいんですよね」と何度もいって覚えてもらっておくことをお勧めします。w

今はネットで仕入れやすくなっていますが、ギターに詳しいツテを増やしていくのがとてもだいじだと思います。

 

ヴィンテージギターいまでは手に入らない木材によるギター

中古でもっともお金にいとめをつけないのがコレでしょう!!!ヴィンテージギター。w

この場合、ヴィンテージを扱ってる専門店にコンタクトをとって、「欲しい欲しい欲しい欲しい」と呪文を唱えて店員さんと仲良くなりましょう。w

そういうコミュニティがあります。気持ちがあれば、きっと歓迎され良い巡り合わせがあるかと思います。

 

一番大事なのは”なっとく感”

中古で大事なのは、選んだ自分が納得できるか?が大事になります。

なんで選んだ自分としっかり対話して、「何が自分が欲しっている買い物なのか?」をしっかりと把握して行動していければと思います。

 

お年玉や冬のボーナスもあるでしょうし。しっかりと好きなものを購入できるとよいですね!!

ではまた!!

 

 

  • この記事を書いた人

zakigoldmill

「音楽は何処にいても、何歳になっても楽しめるものだ!!」築100年以上の古民家を音楽部屋にリノベして住んでます🏡 テーマ:ローカル×アマチュア音楽×ビジネス系です。 こんなのが好き:ギター弾き語り、歌うたい、DTM、カメラ、サイト運営 有益情報発信中!!

-ギター初心者のすすめ, 音楽情報

Copyright© ザキの音楽部屋 , 2022 All Rights Reserved.