音楽情報

高いギターはいいのか? 【3つのポイントから考えます】

高いギターはいいのか?

”ギタリストの永遠?の悩み”である高いギターはいいのか?問題です。

これは、ギターはじめると絶対悩むと思います!

 

ネットとかで、ストラトキャスタータイプのギターをみると、全く違いががわからん

一体何が違ってこの値段の差があるのか?

高いギターを買わなくていいのか?

 

今回はそんな話です。それではいってみましょう。

 

 

私の疑問点 「見た目じゃ違いがわからない」

私もギター始めたころ思いました

見た目は同じなのにどうしてこうも値段が違うのだろう?😳

 

これです。素人には全く意味がわかりません。

ほぼ、見た目に違いがないんです。

✅1万円のストラトキャスターと

✅10万円のストラトキャスター

 

ネットでみたらほとんど見た目が一緒に見えるんではないかと?

いったい何が違うんだと?!

 

ブランドの違いなのか?本当に元がとれるのか?

 

 

さっぱりわかりませんでした😐

例えばこちらとかどうでしょう?

同じフェンダーだけど、値段が全然違う!!どうしてだ?!

Squier by Fender

Squier by Fender エレキギター Affinity Series™ Stratocaster®, Maple Fingerboard, Black

新品価格
¥25,960から
(2022/1/23 09:19時点)

 Fender American 

Fender エレキギター American Original `60s Stratocaster®, Rosewood Fingerboard, 3-Color Sunburst

新品価格
¥274,725から
(2022/1/23 09:21時点)

 この2つの違いをみてください。

値段が10倍違います!!

1つは、2万円、もうひとつは20万円!!

 

 

「私は初心者だから、高いギターなんて関係ない。」

 

 

もしくは

 

 

「金はないけど憧れる。😭」

 

と私はおもっていました。

 

んでは、何がちがうんでしょうか?

 

その辺を書いていきます。

 

 

結論:見た目は同じだが、使ってる材料が全然違う

私の結論はこれです。

見た目は同じように作ってありますが、木材、部品などさまざまな面が違っているのです。

あと理解して欲しいのが、エレキギターは量産ができるように作られた工業製品であること。

 

芸術作品と違い、見た目が似て作っていいものなんです。

なので、違うブランドでもストラトタイプとかいって、見た目がほとんど同じギターがあったりします。

 

 

”高い安いを決める”3つの違い

✅材料が違う

✅人件費が違う

✅信用が違う

と私の考えでは3つです。

それでは考えてみましょう!!

 

 

材料が違う

シンプルに材料が違います。

✔️ギターは木でできてます

✔️部品の値段を考えたことありますか?

この2つをイメージしていただけるといいかと思います。

まず、大体のギターは木材を加工したものです。それによって音が違ったりしてます。いい木材が単純に高く、希少価値が高いものは(アコギだったらハカランダとか)値段が上がってます。

 

 

 

部品が違う

 

部品にもブランドがあります。

 

ギターピックアップ、ペグ、etc。。。

こんな、一つ一つを組みわせていってます。

当然、材料がいいものが高くなります。

 

 

パーツ1個で安いギターが一個買える場合も多数です。。。w

 

 

人件費が違う

ここは2点あると考えていて

✔️手作り

✔️生産国

手作りは、そのひとの人件費がかかっている。手間がかかってる。

1つのギターを製作するのに、どのくらいの労力でできているのか?

腕利きのクラフトマンが作っていたら、時間と手間+クラフトマンの技術もかかっていますよね。

 

生産国は、その国の人件費や物価が安いかどうか?ってのがあるかと思います。作るコストの安い国で作れば、安いギターはできる。

服と同じ感覚で考えていただければいいです。

安くても、品質はしっかりしているが出来上がってきます。

 

 

信用が違う

ブランドは、そのメーカーがもつ付加価値です。

材料が全く同じだろうが、値段に差が出ます。

例えば私は、”ギブソン”というブランドに価値を持っています🤔

全く同じ仕様のギターがあったら、ギブソンを買うでしょう。

 

ブランドというのは歴史、マーケティングなどから作られていきます。

私にとってギブソンといったら、”好きなギタリストが愛用しているブランド”、”レスポール”を作ったパイオニア、”まず名前がかっこいい”、”子供頃に読んだ漫画の登場人物がギブソンを使っていた”などなど。

 

単純に音や材質に関係ない価値がそのブランドに、加わるのです。

あと、長年で売れてるギターとかで店員が進めやすいとか、ファンが多いとかですかね。

 

 

 

まとめ:高いギターはいい。その価値を決めるのはあなた

 

楽器は嗜好品です。音以外にも価値のあるところが、ギターの面白いところかもしれません。どうせ高いお金だすなら価値のあるものを買いたいと思うのは当然かもしれません。

 

「ある程度ギターのことがわかって欲しくなったら、とっとと高くても欲しいギターを買った方がいい🙄

と思っています。

あと、高いギターは弾きやすいことが多いです。

理由は丁寧に作ってあるからです。

 

 

ギターに集中できる

✔️ もったいない精神でギターに集中できる

✔️ ”高いギターはいいのか?”と悩まなくて済む ←これ大事

 

「このギターでよかったかな?」と悩む時間、結構無駄です。

そうとう時間を無駄にしてきた私がいいます。

とはいえ、だんだんわかってくると、木材だったり、作りの丁寧さだったり、部品の良さだったり違いがわかるようになります。

そして、自分の好みもわかるようになります。

 

最終的に、価値を決めるのは自分自身なんです。

 

あえて助言をすると、中古でいい値段で売れるやつを”どうしても心配なら買うといいです”。

今なら、中古で売りやすくなってるんで、中古で売りやすいいいギターを買えば、差額がそんなにせずに高いギターを保有することができます。そうなんです、気に入らなかったらメルカリで売ればいいんです。w

 

 

愛着が湧いて、色々いじったりするのもそれも楽しみのひとつ。

あなたのギターライフが有意義であることを願っています。

 

 

  • この記事を書いた人

zakigoldmill

「音楽は何処にいても、何歳になっても楽しめるものだ!!」築100年以上の古民家を音楽部屋にリノベして住んでます🏡 テーマ:ローカル×アマチュア音楽×ビジネス系です。 こんなのが好き:ギター弾き語り、歌うたい、DTM、カメラ、サイト運営 有益情報発信中!!

-音楽情報

Copyright© ザキの音楽部屋 , 2022 All Rights Reserved.