音楽情報

音楽教室のオンラインレッスンのデメリット

zoomを使ってオンラインレッスンをしよう

 

最近増えているオンラインレッスン

コロナウィルスの影響により、音楽教室の方もオンラインレッスンへの関心が高まってるようなので、情報をまとめてみました。

今回は、オンラインレッスンのデメリットを把握して、トラブルを未然に防ぎましょうという話です。

 

オンラインレッスンのメリット

  •  交通のアクセスに縛られず受講できる(全国どこでも)
  •  自宅でじっくり学べる
  •  遠方の人でもレッスンが可能
  •  教室・スタジオへの移動時間不要
  •  コロナウィルス感染の心配がないお互いの安心感

 

オンラインレッスンのデメリット

まずデメリットというか、下準備ですね

①安定した通信環境

②古くないパソコンやスマホorタブレット

③レッスンできる物理的環境 (講師側、生徒側も)

これが必要です。イメージしながら確認してみましょう。

 

そもそもオンラインに詳しくない

そもそも、講師があまりオンラインの必要性を感じていなかったため、”全く知識がない”という状況であるということ。

スマホでできるの?パソコンでできるの?とかですね。

「通信環境が整ってない!!」という人がいましたら、近くの契約している携帯電話会社に相談に行きましょう。

世の中は随分と、オンラインが普及したので詳しい人が多いです。「なんだそんなこと?」と思っている、詳しい人を捕まえて相談しましょう。

 

とにかく、安定した通信環境は必須です。

 

どんなアプリを使うか判断する必要がある

やはり今はzoomが使いやすいです。

友人もzoomを使ったレッスンを活用していますし、

教育機関でもzoomが使われ始めてるので、情報がネットに落ちてると思います。

子供の生徒だと、親にも認知されているものがいいので、有名な方がいいかと。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

メリット、デメリットを把握してないことが多い

生徒の環境や価値観が非常に重要になると考えます。

一度、見直す必要があるかもしれません。

◼️生徒が自分で環境を整える必要があるので負担があるのか?

◼️生徒のレッスンのモチベーションがどこにあるか?

まあ、小さくはじめて状況を把握していくといいかと思います。

 

画面越しだと伝わらない

実際にレッスンをやっている人だともどかしい点がかなりありますね。

音質や画質は直接レッスンしてる状態ではまだまだ難しくもどかしくなるかと思います。

▶︎改善策

・スマホでやろうと思うなら →タブレットで行うなど(大きい画面の方がストレスが少ないし、画面越しに判断がしやすい)

・音響環境を整える、スピーカーだったりマイクだったりを揃える

→もともと揃えているひとはいいとして、初期コストがかかります

 

結論:オンラインレッスンは、音楽とは別の能力がいりますがコストは少ない

 

音楽と関係ない、準備が必要になりますが。

コスト自体はそんなにかからないですね。導入コストはやすいと感じています。

選択肢の一つとして、興味のある生徒さんを対象に気軽にはじめてみてはいかがでしょうか?

コロナウィルスで、教室にこれない生徒さんには役立つかと思います。

せっかくの機会を奪われないようにしたいものです。

今日はこの辺で。

 

  • この記事を書いた人

zakigoldmill

「音楽は何処にいても、何歳になっても楽しめるものだ!!」築100年以上の古民家を音楽部屋にリノベして住んでます🏡 テーマ:ローカル×アマチュア音楽×ビジネス系です。 こんなのが好き:ギター弾き語り、歌うたい、DTM、カメラ、サイト運営 有益情報発信中!!

-音楽情報

Copyright© ザキの音楽部屋 , 2022 All Rights Reserved.